株式会社ARCALIS

mRNA医薬品の開発製造受託事業をの立ち上げを進めています。ARCALIS(アルカリス…

株式会社ARCALIS

mRNA医薬品の開発製造受託事業をの立ち上げを進めています。ARCALIS(アルカリス)やmRNA医薬品に関する業界情報についても発信していきたいと思います。

リンク

マガジン

  • ARCALISメンバーインタビュー

    ARCALISメンバーたちの素顔や仕事の様子についてお届けするインタビュー記事です。

  • mRNA医薬品研究最前線

    mRNA医薬品関連の解説や最新の動向などをお伝えしていきます。

  • ARCALISってどんなところ?

    福利厚生制度やオフィスの設備など、わたしたちARCALISがどんな会社なのかをお伝えしていくマガジンです。

  • ARCALIS 工場建設の歩み

    福島県南相馬市に建設を予定している製薬工場に関するトピックをお伝えします。

  • ピックアップ記事

    ARCALISの事業内容やmRNA研究の最新動向など、おすすめの記事をピックアップしました。

最近の記事

役員・議員と進出企業との交流会参加

こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 2022年10月4日、原町商工会議所が主催する「役員・議員と進出企業との交流会」に参加しました。 私たちと同じく、下太田工業団地内や南相馬市内で事業運営をされている企業6社が集まり、各社の会社紹介を行ったほか、その後行われた懇親会では地元企業の方々とも様々な情報交換をさせていただきました。 工場建設に向けて原町商工会や地元企業の方々からはすでにご支援をいただいておりますが、交流会の中で震災以降に南相馬地域を活性化し

    • 【ARCALISってどんなところ?⑥】品質管理部について

      こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 ARCALISの雰囲気や業務内容をみなさんに届けるため、各部署の業務内容などについて紹介する当連載。第二回目は「品質管理部」でマネージャ―を務める長尾克行さんにお話を聞きました。 ARCALISに就職したい学生さんや、中途入社を検討している方はぜひ、お読みください! 品質管理部の業務内容について教えてください品質管理部では、安全で有効な医薬品を常に必ず同じ品質で提供するため、検査などを行う仕事をしています。 そう

      • 【ARCALISってどんなところ?⑤】CMC開発センターについて

        こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 ARCALISの雰囲気や業務内容をみなさんに届けるため、各部署を紹介する連載をスタートします。 今回はARCALISの「CMC開発センター」で、開発QCチームと製剤開発チームのチームリーダーを務める伊東進さんに話を聞きました。 ARCALISに就職したい学生さんや、中途入社を検討している方はぜひ、お読みください! これまでの経歴を教えてくださいARCALISに入社する前は製薬企業に勤務していて、「CMCセンター」

        • 【ARCALISってどんなところ?④】ARCALISに「部活動」が発足??

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 春は別れ・出会いの季節でもありますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 ARCALISは会社設立から2年が経ち、有志での部活動が始まりました。今回は、最近スタートした「ARCALISの部活動」について紹介したいと思います。 テニス部まずはじめに紹介するのは「テニス部」です。 テニス部の活動は、全員が活用しているTeamsのチャットへの投稿がきっかけで始まりました。 もちろんテニス自体も楽しんでいますが、実は

        役員・議員と進出企業との交流会参加

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ARCALISメンバーインタビュー
          株式会社ARCALIS
        • mRNA医薬品研究最前線
          株式会社ARCALIS
        • ARCALISってどんなところ?
          株式会社ARCALIS
        • ARCALIS 工場建設の歩み
          株式会社ARCALIS
        • ピックアップ記事
          株式会社ARCALIS

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【ARCALIS工場建設の歩み③】南相馬工場の建設状況について

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 これまでも紹介してきましたが、現在、ARCALISは南相馬市の原薬製造工場の建設を進めています。 今回の記事では、新たに進んだ工場の建設過程を振り返りつつ、ご紹介していきます。 外観の進捗足場が外されて外観がお目見えしました。 地上5階建てではありますが、各階ごとの天井が高いため、実際にはマンションの8階建てくらいの高さがあるそうです。 背面側のスペースは、今年10月頃から工事を開始する製剤棟の敷地になります。

          【ARCALIS工場建設の歩み③】南相馬工場の建設状況について

          【連載】研究最前線⑨「膵臓がんに対するmRNA医薬品のアプローチ」

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 私たちの手がける「mRNA」という研究領域についてご紹介するこの連載。 今回は、「膵臓がん」に対するmRNA関連の研究動向についてまとめていきます。 1.膵臓がんにおける個別化mRNAがんワクチンの開発ビオンテック社のautogene cevumeranと呼ばれている個別化mRNAがんワクチンの中間データでは、化学療法とGenentech社のPD-L1抗体であるTecentriqと併用することにより、治療した患者さ

          【連載】研究最前線⑨「膵臓がんに対するmRNA医薬品のアプローチ」

          【連載】研究最前線⑧「インフルエンザに対するmRNA医薬品のアプローチ」

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 私たちの手がける「mRNA」という研究領域についてご紹介するこの連載。 今回は、「インフルエンザ」に対するの研究動向についてまとめていきます。 1.インフルエンザに対するmRNAワクチン開発モデルナ社は2022年6月7日、季節性インフルエンザワクチンの候補であるmRNA-1010の第Ⅲ相臨床試験において、最初の被験者へ投与を実施したと発表しました。 mRNA-1010はWHOが推奨する4つのインフルエンザ株の赤血球

          【連載】研究最前線⑧「インフルエンザに対するmRNA医薬品のアプローチ」

          【連載】研究最前線⑦「サル痘に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 私たちの手がける「mRNA」という研究領域についてご紹介するこの連載。 今回は、「サル痘」に対するmRNA関連の研究動向についてまとめていきます。 1.サル痘に関する研究①サル痘に対するmRNAワクチン開発 2022年5月24日のモデルナ社による発表によると、サル痘の流行を予防するための新たなmRNAワクチンが開発されつつあります。 詳細については公開されていませんが、前臨床試験が実施されていることが明らかにな

          【連載】研究最前線⑦「サル痘に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          【連載】研究最前線⑥「肥満に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          1.肝酵素による肥満治療の可能性に関する研究2022年4月テキサス大学健康科学センターの研究者たちは、肥満マウスを使用した最新の研究成果を発表しました。 肝酵素を阻害することにより、以下3つの効果を確認することができました。 食欲の低下 脂肪燃焼量の増加 体重の減少 この研究は、肥満治療の突破口となるかもしれません。  阻害剤による肥満治療に及ぼす影響 この研究では「CNOT6L脱アデニル化酵素」と呼ばれる酵素を阻害します。 CNOT6L脱アデニル化酵素は、以

          【連載】研究最前線⑥「肥満に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          【連載】研究最前線⑤「心臓病に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          1.mRNAによって心臓の細胞を自己修復させる研究現在、アストラゼネカ社は心不全などの生命を脅かす心血管疾患を治療できる可能性のある組織の修復及び再生に注目しています。 本研究は、損傷した心筋の修復を補助する血管内皮増殖因子A(VEGF-A)に関する研究に基づいて実施されています。 VEGF-Aとは、身体全体に充分な血液を供給するために極めて重要な役割を担います。前臨床試験ではVEGF-A mRNAの投与により酸素供給が改善され、心不全時の血管再生に有望な効果が得られてい

          【連載】研究最前線⑤「心臓病に対するmRNA医薬品のアプローチ」

          数字で見るARCALIS

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 「ARCALISってどんなところなんだろう?」と興味を持っていただいた人のために、会社の環境や制度についてご紹介していきます。 今回は、ARCALISの職場環境を表す数字データをご紹介していきます。 ARCALISの数字データ現在、立ち上げ期で中途入社者のみ採用しているため、ARCALIS社員の平均年齢は43.9歳となっています。これから新入社員を採用していく予定なので、平均年齢は次第に低くなっていくかと思われます

          数字で見るARCALIS

          【ARCALIS工場建設の歩み②】南相馬市工場の建設状況について

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 これまでの記事でも紹介してきた、南相馬市の原薬製造工場の建設。 今回の記事では、着々と進む工場の建設過程を振り返り、ご紹介していきたいと思います。 1.工事の概要①工場用地 ARCALISの原薬工場は、「福島イノベーション・コースト構想推進機構」が所有する下太田工業団地にあります。 閑静な山の中にありつつ、南相馬市役所のある原ノ町駅から直線距離で約3.8kmと、通勤にも便利な場所となっています。 団地内には、地

          【ARCALIS工場建設の歩み②】南相馬市工場の建設状況について

          【ARCALISってどんなところ?③】柏の葉キャンパスのオフィスについて

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 「ARCALISってどんなところなんだろう?」と興味を持っていただいた人のために、会社の環境や制度についてご紹介していきます。 今回は柏の葉キャンパス駅にある本社について、お話したいと思います。 オフィスレイアウトを変更し、部署間の連携をより密に本社は閑静な住宅街の一角にあり、初めて来社される方は、ここが会社? オフィスあるの?と疑問に思われるかもしれません。 3階建ての建物は、1階と3階がラボで2階が事務室と会

          【ARCALISってどんなところ?③】柏の葉キャンパスのオフィスについて

          【連載】mRNA医薬品研究最前線⑩「研究動向まとめ3:吸入型ワクチン、doggy bone DNA、ブースターショット」

          こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 私たちの手がける「mRNA」という研究領域についてご紹介するこの連載。 第2回目の記事では、「サル痘」・「インフルエンザ」・「膵臓がん」という3つの領域をまとめました。 今回は、「吸入型ワクチン」・「doggy bone DNA」・「ブースターショット」という3つの方向からmRNAワクチンに関する研究動向についてまとめていきます。 1.吸入型ワクチンに関する研究2022年7月5日、ノースカロライナ州立大学の研究者らに

          【連載】mRNA医薬品研究最前線⑩「研究動向まとめ3:吸入型ワクチン、doggy bone DNA、ブースターショット」

          【連載】mRNA医薬品研究最前線⑤「研究動向まとめ1:心臓病と肥満」

          1.mRNAによって心臓の細胞を自己修復させる研究現在、アストラゼネカ社は心不全などの生命を脅かす心血管疾患を治療できる可能性のある組織の修復及び再生に注目しています。 本研究は、損傷した心筋の修復を補助する血管内皮増殖因子A(VEGF-A)に関する研究に基づいて実施されています。 VEGF-Aとは、身体全体に充分な血液を供給するために極めて重要な役割を担います。前臨床試験ではVEGF-A mRNAの投与により酸素供給が改善され、心不全時の血管再生に有望な効果が得られてい

          【連載】mRNA医薬品研究最前線⑤「研究動向まとめ1:心臓病と肥満」

          メンバーインタビュー:「データに裏付けられた品質をお客様に届ける体制づくりを」CMC開発ヘッド:中島和幸

          ※注記…役職については取材当時のものです。 こんにちは。株式会社ARCALIS(アルカリス)です。 私たちARCALISの会社の雰囲気や業務の内容をより詳しく知ってもらうためのメンバーインタビュー。第7回となる今回は、ARCALISのCMC開発ヘッド・中島和幸さんに話を聞きました。 【メンバーへの応募はこちらから!】 Q1. 今までの経歴について教えてください。前職では医薬品メーカーで工場長を直近3年間つとめ、COVID19の不活化ワクチンの製造の立ち上げなども行って

          メンバーインタビュー:「データに裏付けられた品質をお客様に届ける体制づくりを」CMC開発ヘッド:中島和幸